サンレモ音楽祭2020年:選考落ちで涙を呑んだ残念なかたがた

「アマデウス・セレクション」で、今年の サンレモ音楽祭の出場を阻まれたアーティ スト達をご紹介しましょう。 ゴシップ雑誌「Chi」によると、大ベテランの マルチェッラ・ベッラ以下、パオロ・ヴァッ レージ、ザ・コロルズ、イラーマ、フレッド・ デ・パルマ、ロレンツォ・フラーゴラ、キアー ラ・ガリアッツォ、ノエミ、ビアンカ・…

続きを読むread more

サンレモ音楽祭2020年:BIG部門出場者

今年の2月4日から8日まで開催される 第70回サンレモ音楽祭の本選出場者です。 なんだか、“いつも出てくるおなじみさん” みたいな面々です。 エンリーコ・ニジョッティ、アキッレ・ ラウロは昨年度の参加者ですし、フランチェ スコ・ガッバーニは2017年の優勝者です。 あんまり面白くないなあ、と文句をつけたく なりますが…

続きを読むread more

ULTIMO ウルティモ:TUTTO QUESTO SEI TU

まるで映画の挿入歌みたいですが、 ウルティモのアルバム未発表の 新曲です。 ビデオにはエドアルド・レオが 出演しています。 レオというと、やっぱりシドニー・ シビリア監督の「いつだってやめ られる」の3シリーズが有名です。 「7人の危ない教授たち」「10人 の怒れる教授たち」「闘う名誉教授 たち」の3作品は、時間…

続きを読むread more

Mina ミーナ: Nessuno

ミーナの映画出演映像です。 1960年の音楽映画「Urlatori alla sbarra」からの1曲です。 アドリアーノ・チェレンターノも 出演しています。 アメリカのジャストランペッター、 チェット・ベイカーも出ていると のことですが、多分トランペットを 抱えてバスタブに寝転がっている 男性だと思われます。 …

続きを読むread more

VivaRaiPlay! OFF 2019年12月18日:ゲストはフランチェスコ・デ・グレゴーリとアントネッロ・ヴ…

ゲストのフランチェスコ・デ・グレゴー リとアントネッロ・ヴェンディッティを 迎えに階段を降りていく、司会のフィオ レッロ。 注目はですね、イタリア公共放送、Rai の建物なんですよ。 まるで豪奢なホテルのように見えます。 渋谷のNHKとはえらい違いです。 いや、日本のどの放送局とも違うでしょう。 ああ、これってイタリア…

続きを読むread more

Diodato ディオダート:Che vita meravigliosaなんて素晴らしい人生だ

わあ、東京ロケじゃないですか。 そしてやっぱり、渋谷の風景は外 せないようです。 日本語タイトル付き映像というと、 2015年のガブリエーレ・マイネッ ティ監督の「皆はこう呼んだ、鋼鉄 ジーグ」を思い出します。 随分とぎこちない邦題だな、なんで “鋼鉄ジーグと呼ばれた男”にしなかっ たんだろうと当時思いましたが、 フ…

続きを読むread more

Tommaso Paradiso トンマーゾ・パラディーゾ: I Nostri Anni

昨年9月にザジョルナルリスティ脱退 を宣言したトンマーゾ・パラディーゾ。 もっとも、だいぶ前からソロ活動はして いたので驚くこともないのですが。 でもこの曲、シンプルでいい歌です。 クラウディオの新曲Gli anni piu` belliは 音符をいじくりまわして作曲したような 印象がありますが、このパラディーゾの …

続きを読むread more

GRIDO & IL CILE グリード&イル・チレ:Qualcosa Di Buono

昨年11月にリリースされたグリードの アルバム、「Diamanti e Fango」からの シングルです。 ジェイ・アックスと「Maria Salvadore」を 歌って大ヒットさせたイル・チレとの共演 です。 イル・チレはソロでもいい歌手なんですが、 共演アーティストのいい味を引き立てて くれる、隠し味みたいなとこ…

続きを読むread more

ピエール・ルメートル作品における(プチ)盗作疑惑?

カタログハウスから出ている通販生活2020年 春号に衝撃の文章を発見、まあ、それほど 大げさではないにしろ、ルメートルファンに とっては聞き捨てならない内容なので、どう しても黙っていられず、このブログでご紹介 することにいたしました。 記事は145ページ、佐藤圭氏解説の「DVD の掘り出し物:待ってました堂」。 ル…

続きを読むread more

Claudio Baglioni クラウディオ・バリオーニ:Gli Anni Più Belli

1月3日解禁、クラウディオの新曲です。 まあ、何と言いますか、悪くはありま せんが、しまりのない無難な歌です。 前作のジャンニ・モランディとのデュ ット曲、「Capitani coraggiosi」の方が 遥かにいい出来でした。 ちょっと残念な感じがします。 記事執筆:Letterina

続きを読むread more

Zak Munir ザク・ムニール:Io e te

これこれ、いい歌でしょう? ここ最近のイチオシ曲です。 ネリ・ペル・カーゾがバックボー カルを担当しているのでは?と思 うくらい良く出来た華麗なアレン ジです。 本名ザカリア・ムニール、1989年 ローマ出身です。 両親はモロッコ人です。 10代の頃からラップ、ヒップポップ系 のグループで活動してきました。 …

続きを読むread more

Claudio Baglioni クラウディオ・バリオーニ:Notte di note コンサート1985年

1985年のライブ映像から、クラウディオの 代表曲2曲です。 この時期撮影されたクラウディオの写真の いくつかを見ると、なんだかとても辛そう な表情が見受けられます。 このコンサート映像も、厳しい表情が垣間 見えて、心から楽しんで歌っていないよう に感じます。 4年後には奥さんのパオラと別居することに なりますが、…

続きを読むread more

Giuseppe Terranova ジュゼッペ・テッラノーヴァ: Un volo sulle vecchie c…

1995年生まれのジュゼッペ・テッラノーヴァ です。 13歳でギターを手にし、翌年から歌の稽古 を開始。 2015年に初のシングル「Scrivo」をリリース しました。 2020年春にファーストアルバムが発売予定です。 アルバム共同制作者には、ティーロマンチーノ やエンマ・マッローネに楽曲を提供している レモ・エリアと…

続きを読むread more

Claudio Baglioni & Antonello Venditti クラウディオ・バリオーニ&アントネッロ…

自身の名曲を、クラウディオとデュエット するアントネッロ・ヴェンディッティです。 歌詞が書いてあるクラウディオ用の譜面台 の位置が低いので、いかにも「歌詞、確認 しながら歌ってます」ってわかりますね。 1999年のテレビ番組です。 記事執筆:Letterina

続きを読むread more

Antonello Venditti アントネッロ・ヴェンディッティ:Sotto il segno dei pes…

1978年にリリースされたアントネッロ・ ヴェンディッティの Sotto Il Segno Dei Pesci の40年記念コンサートツアーが 昨年から今年にかけて行われていますが、 去年9月のアレーナ・ディ・ヴェローナ でのコンサートの音源と映像が発売され ました。 3枚組CDと、プラスDVDの2バージョン です。 …

続きを読むread more

Claudio Baglioni クラウディオ・バリオーニ:ロンドンフィルと共演 1987年10月

PosterとUomini persiを歌う1987年の クラウディオの映像です。 バックのオーケストラはロリン・マゼール (1930~2014)指揮のロンドン・フィル ハーモニー管弦楽団です。 なんともすごい共演です。 ボローニャのパラスポーツでの演奏です。 記事執筆:Letterina

続きを読むread more

Siberia シベリア:Tutti amiamo senza fine

先月ご紹介したシベリアの音源です。 なんだか、妙に気になるバンドでして、 多分ヴォーカリストのエウジェーニオ の声質がわたくし好みなのかもしれま せん。 エマンとか、その系統の歌手の歌声 がツボにはまるみたいです。 先月の記事 https://claudiobaglionifanblognippon.at.webry…

続きを読むread more

Tiziano Ferro ティツィアーノ・フェッロ: In Mezzo A Questo Inverno

ティツィアーノ・フェッロの最新 プロモーションビデオです。 左手の薬指に指輪をはめているのが 見えましたね。 「40歳になったら養子を迎えたい」 とインタビューで語っていましたが、 来年の2月にはいよいよ40歳です。 現在はロンドンに居を構えている とのことですが、男性パートナーと 着実に家庭を築く準備をしている の…

続きを読むread more

ガブリエレ・ムッチーノ監督:新作GLI ANNI PIÙ BELLI プロモーション映像

ガブリエレ・ムッチーノ監督作品 映画、「Gli anni piu` belli」の最新 プロモーション映像です。 映画タイトルと同名のクラウディオ の新曲も、一部含まれています。 映画は2020年2月13日公開です。 日本でもイタリア映画祭で上映される といいんですが。 記事執筆:Letterina

続きを読むread more

Angela Nobile アンジェラ・ノービレ: Domani chissà

詳しいプロフィールがよくわからない のですが、いい歌なのでご紹介します。 アンジェラ・ノービレはいくつかのテレビ のタレントショー出場に挑戦していました が、2014年、RaiのThe voice of Italyに チーム・ジェイ・アックスの一員として出 演しています。 アルバムのリリースは今のところなく、 この曲…

続きを読むread more

TERESA DE SIO テレーザ・デ・シオ:PURO DESIDERIO

テレーザ・デ・シオの最新ビデオです。 今年5月にリリースされたアルバムの タイトルトラックです。 デ・シオは1952年ナポリ出身、少女の ような歌声の、個性的なヴォーカルス タイルが特徴です。 ちょっとケイト・ブッシュ風、でしょうか。 今もって声質が若い頃と変わっていません。 すごいですね。 なんだか、時間を超越してい…

続きを読むread more

Alberto Bertoli アルベルト・ベルトリ: Se sono amori

音源だけ聴いていると、80年代から 90年代風の少々古臭いアコースティック ロック系のミュージシャンかなと思ったん ですが、この人、かのピエランジェロ・ ベルトリの息子でした。 1980年モデナのサッスオーロ出身です。 十代の頃からギターを手にし、音楽活動 を始めています。 この歌の「愛はいつも飢えている」って フ…

続きを読むread more

Ana Guerra& Mike Bahía アナ・ゲッラ&マイク・バイーア: Sayonara

ティツィアーノ・フェッロとデュエット していたスペイン人歌手、アナ・ゲッラ のビデオです。 コロンビア人歌手のマイク・バイーア とのコラボです。 タイトルはサヨナラですが、特に日本語 だからといって、あまり深い意味はない みたいです。 軽く、「バイバイ」って感じでしょうか。 でも、聞いているとなんだかすごく 気分…

続きを読むread more

Tiziano Ferro&Ana Guerra ティツィアーノ・フェッロ&アナ・ゲッラ: Acepto Mila…

ティツィアーノ・フェッロがスペインの 若手歌手、アナ・ゲッラとスペイン語で デュエットです。 フェッロは自身のアルバムも西語でリリース していますので、スペイン、ラテンアメリカ 圏でも大変人気があります。 アナ・ゲッラは1994年生まれ、デビューは 2017年だそうです。 いきなりこんな大物のイタリア人歌手と コラボだ…

続きを読むread more

ネプチューンの影 フレッド・ヴァルガス著 創元推理文庫:持つべきは“よかチャム”

あたしのチャムがどうしたか、知ってる? パリのポリ公のこと、ノエラ、もう話し たっけ? ジャン=バチスト・アダムスベルク、シリーズ 三冊目の邦訳! しかも本書は2007年のCWAインターナショ ナル・ダガーの受賞作である。 おもしろくないわけがない! さて、今回のアダムスベルク、なんだか今一つ 調子が悪い。 …

続きを読むread more

Emma エンマ:Stupida Allegria

ラジオでこの歌が流れてきた時、 「ひゃー、なんてかっこいい曲!! 誰が歌っているの!?」とびっくり したものです。 アルバム「Fortuna」のセールスも 好調です。 Youtubeでタイトルトラックの音源 が公開されていますので、何曲か 聴いて気に入ったら、買いです。 記事執筆:Letteirna

続きを読むread more

Emma エンマ: Io Sono Bella

エンマ・マッローネのIo sono bella (わたしは美女)のビデオです。 マドンナやオリビア・ニュートン= ジョンのプロモーションビデオに インスパイアされたような映像です。 赤いバラの花びらに覆われたヌード は、1999年公開のアメリカ映画「ア メリカン・ビューティー」を彷彿 とさせます。 パワフルでいい楽曲で…

続きを読むread more

Claudio Baglioin クラウディオ・バリオーニ:マンゴのトリビュートアルバムに参加

2014年に亡くなったジュゼッペ・マンゴ のトリビュートアルバムTutto l’amore che conta davveroが12月に発売されます。 4枚組のデラックスCD,3枚組のCD、 LPレコードの3バージョンです。 マンゴは2008年リリースのアルバム Acchiappanuvoleの中でクラウディオと デュ…

続きを読むread more

Sugarfree&Serena de Bari シュガーフリー&セレーナ・デ・バーリ:Frutta

シュガーフリーとセレーナ・デ・バーリ の共演映像です。 メロディーが平板で盛り上がりに欠ける 楽曲なのが残念です。 せっかく女性歌手とデュエットするの だから、もっとドラマチックなメロディー 展開があってもよかったのではないで しょうか。 歌詞の内容もごく平凡です。 ともあれデ・バーリは、わたくしの新人 有望歌手…

続きを読むread more