claudio baglioni バイオグラフィー ⑥ |

2000年代②

2007年4月23日、かつて両親と過ごした
ローマ・チェントチェッレ地区のアパートの
バルコニーで、ミニコンサートを行う。
同年ライブアルバムBuon viaggio della vitaを
リリース、アルバムタイトル曲を発表。
同年8月25日、マルタ共和国でジャンニ・モランディと
リッカルド・コッチャンテと共に「チャオ オ・シャ」を
開催。
同年9月、バーリのモレッファで、チャリティー
コンサートに出演。ピアノ、ギター、キーボード
のみのシンプルなコンサートとなった。
このコンサートに対する要望が非常に高かった
ことから、9月13日と14日に追加公演が行われた。
同年10月、2枚組ライブDVDと、1985年から2007年
までのビデオクリップを収録のDVD、及び4月23日の
チェントチェッレでのミニコンサートを収録した4枚組
ボックスセットDVD、Tutto quiを発売。

2008年6月、パオラと正式に離婚。
同年、ローマのヒルトンホテルでプロジェクトQPGA
の記者会見を行う。
1972年リリースのQuesto piccolo grande amoreを
元に、監督リッカルド・ドンナによる映画QPGAの
製作を発表。脚本はイヴァン・コトロネーロ、バリオーニも
共同脚本家として参加。
同年12月からプロジェクトQPGAの第一弾として、
コンセプトツアーQPGA primavistaを開始。
ミラノ、ローマ、ナポリでコンサートを行う。

2009年2月11日、映画QPGA公開。
同年3月17日に、初の小説QPGAをモンダドーリ社
より出版。
同年6月12日、ツアーQPGA granconcertを開始。
収容人数の大きい会場を使用し、ステージ後方に
巨大スクリーンを設置、演奏の最中に映画QPGAの
映像を流した。
初日の会場は1982年Ale`-oo`が行われたローマの
シエナ広場に決定。
コンサートチケット発売後、ローマ及びミラノの会場
コンディション不良のため、急きょ日程変更を発表し
ファンの間に動揺が波及、バリオーニ本人がテレビ、
ラジオにゲスト出演の際、ファンに謝罪を求めるコメント
を出した。
同年12月27日、2枚組アルバムQPGAをリリース。
1972年発表のLPを新しくアレンジし直し、69名の
ミュージシャンと共演、15曲の新曲を含める52曲
収録の大作となった。
同年12月から2010年1月までツアーQPGA concerto opera
と銘打ち、イタリア7都市を巡回。
コンサートの合間、自身の著作をを朗読するステージ構成
となった。

http://it.wikipedia.org/wiki/Claudio_Baglioni


画像


記事執筆:Letterina
CLAUDIO BAGLIONI NIPPON/クラウディオ・バリオーニ・ニッポン